気になる頚椎椎間板ヘルニアや癌の症状|治療法をチェック

最新の医療技術

男女

樹状細胞は素晴らしい司令塔です

樹状細胞療法は、2011年にロックウェラー大学のライフスタインマン教授が発見した免疫療法の一つです。樹状細胞を利用したワクチン治療は画期的で、副作用の少ない今後が期待できる免疫治療です。体の中にウィルスが侵入すると、感染した細胞は数えきれないほどのがん化した細胞になります。しかし、常時健康体で入れるのは、免疫細胞がこれを異物として発見し、排除しているので表に症状として表れません。がん細胞を見つけ出して、その位置や性質を周辺の細胞に情報伝達しながら、攻撃をして排除する優れものの細胞が樹状細胞です。樹状細胞療法はこの樹状細胞の性質を使って行います。人間社会でいえば優秀な司令塔が自ら情報収集し、周辺へ情報提供をして周りのスタッフに配慮しながら先頭に立って攻撃をします。こんな素晴らしい逸材が体内にいるとは大変心強いことです。

副作用の少ない療法として期待されている

樹状細胞療法の仕組みは、驚くべき行動力の細胞が行います。樹状細胞はがんを見つけ出すと、自ら体内にがん細胞の一部を取り込みます。取り込んだデータから情報を周辺の細胞に伝達し、がんの特徴を把握させます。情報を伝達されたリンパ球は、がん細胞を認識できるため自らリンパ管へ移動し、がん細胞を見つけ出して攻撃するといわれています。この樹状細胞は皮膚を中心に、広く全身に分布しています。周囲に突起を伸ばす形態で、抗原を取り込むと活性化し、リンパ球へ移動します。リンパ管へ抗原を提示できる機能が認められ、がんの免疫療法として骨髄系樹状細胞、ランゲルハンス樹状細胞、胚中心樹状細胞など、さまざまな樹状細胞が発見されています。樹状細胞療法により副作用の少ない高純度のワクチンが最新医療で用いられるようになりました。

自らの細胞を利用した治療法なら、副作用のリスクを最小限に抑えてがん治療が出来るのは確かといえるでしょう。その他の病気治療でも、人間の体が持つ治癒力は勿論ですが、食事や運動で効果的に症状を抑えられる病気が存在します。それは、高脂血症です。高脂血症の症状は血中の脂質によって引き起こされる症状ですが、医師の監修の元で運動や食事療法を続ければ、体に負担をかけることなく症状を抑制できます。

Copyright© 2017 気になる頚椎椎間板ヘルニアや癌の症状|治療法をチェック All Rights Reserved.