気になる頚椎椎間板ヘルニアや癌の症状|治療法をチェック

生存率が高い脳の癌

ドクター

早期の治療が大事

脳腫瘍とは、言うまでもなく、脳に発症する癌のことです。癌と聞けば当然、恐ろしいイメージがありますが、脳腫瘍は他の癌に比べると生存率が高い癌です。脳腫瘍には、いくつか種類があり、中には生存率が非常に低いものもあるのですが、脳腫瘍全体の5年生存率は75%となっています。ただ、そうはいっても、早い段階で治療を開始することが重要であるのは当然です。生存率が低い脳腫瘍であっても、早期に治療を開始すれば、期待が持てます。脳腫瘍の症状は慢性的な頭痛、吐き気や嘔吐、視界の欠損や視力の低下、片方の手足が動かしにくい、しびれる、言語障害、難聴や耳鳴りが代表的ですので、これらの症状が現れたのであれば、すぐに医療機関を受診すべきです。腫瘍は悪性の場合も良性の場合もありますが、良性であっても放置するのは禁物です。

進歩している治療

脳腫瘍の治療で最も有効な治療は、腫瘍を摘出してしまう外科手術です。脳の外科手術に恐ろしさを感じてしまうのは当然であり、実際、リスクはあります。しかし、従来は医師の経験や勘に頼る外科手術が行われていましたが、現在はナビゲーションシステムが導入されていて、腫瘍の位置を正確に確認することができます。また、手術中、患者の運動機能をモニタリングすることもできますので、安全性は高いものとなっています。腫瘍が良性の場合、多くは外科手術を行えば治癒可能です。腫瘍が悪性の場合は外科手術で、すべての腫瘍を摘出することが困難ですので、術後、放射線治療が行われることが一般的です。ただ、放射線治療も従来に比べると格段に進歩していますので、正確、且つ、効果的に放射線を照射することができます。このようなことから、脳腫瘍の生存率は高いものとなっているのです。

見直す

高脂血症は人間の命に関わる重大な病気を引き起こす場合があるので日ごろから注意しておくといいでしょう。例えば、動脈硬化や心筋梗塞、コレステロール性胆石の原因にもなるのです。これらの症状は足に痛みが出たり、胸に強い痛みが出たりします。他にも、体の一部が麻痺して言葉を発するのが困難になることがあるので気を付けた方がいいでしょう。また、わき腹や背中、腰が痛み症状がなかなか改善されない場合は早めに病院で治療するのがベストです。高脂血症は日ごろの食事や適度に運動を取り入れるだけで改善することができるので、生活リズムを見直してみるといいでしょう。

日帰りで受けられる

高脂血症以外にも気になる病気と言えば椎間板ヘルニアが挙げられます。椎間板ヘルニアの症状には腰痛が挙げられるため、気にしてないうちに症状が悪化している場合があります。この症状の治療法は4種類ありますが、特に効果があるものにはレーザー治療が挙げられます。レーザー治療では椎間板に穴を空けるのですが、あまり時間がかからないため、日帰りで受けられるというメリットがあります。

Copyright© 2017 気になる頚椎椎間板ヘルニアや癌の症状|治療法をチェック All Rights Reserved.