気になる頚椎椎間板ヘルニアや癌の症状|治療法をチェック

ガンの免疫療法とは何か

病院

ガンの治療には、手術、抗ガン剤、そして放射線の3種類の治療方法があります。手術は患部を除去する目的で、抗ガン剤や放射線は転移を防ぐ目的、あるいは転移した場合の治療の目的で主に用いられます。しかし最近では、免疫療法といって、患者本人の免疫細胞で治療を行う方法もあります。この方法ですと、自分の免疫細胞を使って治療を行うため、抗ガン剤や放射線のような副作用が出にくく、しかも治療も簡単なので、普段の生活をしながら治療に通うことができます。またこの免疫療法には樹状細胞療法、NK細胞療法などといった、複数の種類があります。特に樹状細胞療法は樹状細胞ワクチン療法とも呼ばれ、この治療方法の中でも、特に大事な役割を果たしています。

樹状細胞療法をはじめとする免疫療法は、自己免疫機能を利用したガン治療方法です。この樹状細胞には、患者の体内から取りだしたガン細胞を取り込ませて、どのようなガンであるかを教え込み、異常細胞が入って来た時に攻撃の合図を出す、いわば司令塔のような役目を果たしています。そのためこの樹状細胞療法は、手術を必要とするケースもあります。しかしその一方で、実際の患部の細胞ではなく、抗原ペプチドと呼ばれる、人工的に作り出したガン細胞を取り込ませる方法もあります。またゾレドロン酸と呼ばれる物質を取り込ませるやり方もあります。このゾレドロン酸を使った方法では、ガン細胞を攻撃する細胞をより多く導くことが可能であり、そのため治療の成果が上がります。

ガンは放射線治療を行うことが一般的ですが、椎間板ヘルニアはレーザー治療を受けることで治せます。椎間板ヘルニアの症状は酷くなると立てなくなる場合が多いので、早く治療を受けなくてはいけませんが、入院を必要なイメージがあるため、治療に踏み留まる人も多くいます。しかし、レーザー治療なら、施術を受けたその日に帰宅することができるため、人気を集めています。

Copyright© 2017 気になる頚椎椎間板ヘルニアや癌の症状|治療法をチェック All Rights Reserved.