気になる頚椎椎間板ヘルニアや癌の症状|治療法をチェック

悪性腫瘍を根絶するには

腰痛

X線などが使われる

放射線治療は、癌細胞を縮小したり増殖を抑えるために行う局所療法です。手術では体の器官の一部と一緒に癌の腫瘍を取り去りますが、放射線治療なら体の機能や形態を残したままで治療できます。放射線治療が主となる病気は、悪性リンパ腫、前立腺癌、食道癌、網膜芽細胞腫などがあります。また腫瘍を小さくしてから手術をするときにも放射線治療は行われます。術後に手術で切除しきれずに残ったり、体内に散らばったと考えられる癌細胞を除去するために、放射線治療を行うこともあります。癌は再発することも多く、その場合も放射線が使われます。手術した病巣から再発した場合は、放射線で治癒することもあります。治療で使われる放射線はX線、Y線、電子線が主になります。

化学療法と併用することも

放射線治療は抗がん剤などを使った化学療法と一緒に行われることがあります。また手術と併用して行われることもあり施術中に腫瘍に放射線を直接当てて癌細胞を死滅させます。ほかにも、腫瘍が神経を圧迫して痛みやしびれがあるときにはこれを改善する働きもあります。また骨に発生した癌の痛みを緩和する効果もあります。放射線治療は体の外から行う外部照射と内側から行う内部照射があります。この二つの治療を組み合わせて行う場合もあります。多く行われる治療は外部から放射線を当てる治療です。内部照射は、放射線源を直接体の組織に挿入して行います。また、特定の臓器に届くようにカプセルにいれて服用するタイプのものもあります。治療は体にかかる負担を考えて、複数回に分けて行われるケースが多くなっています。癌治療を行う場合には、このように放射線治療が挙げられますが、頚椎椎間板ヘルニアではレーザー治療が挙げられます。頚椎椎間板ヘルニアになっている部分にレーザーを照射する治療法ですが、傷口が小さく済むので、全身麻酔をしなくて済むというメリットがあります。

Copyright© 2017 気になる頚椎椎間板ヘルニアや癌の症状|治療法をチェック All Rights Reserved.