気になる頚椎椎間板ヘルニアや癌の症状|治療法をチェック

末期だと診断されたら

病院

癌は、進行具合すなわち癌の大きさと転移に応じて、4つのステージに分けられています。ステージ4は最も進行している状態つまり「末期がん」の状態を指しています。ステージ4の段階では、他の部位まで癌が転移していて手術による治療が難しくなっています。ステージ4でも癌の転移が限定的だった場合なら、手術による切除で回復の見込みが出てきます。癌が全身に転移している場合は、薬物療法で癌細胞の広がりを抑制します。そうすることで、少しでも生存率を高めることが出来ます。ステージ4では、体に強烈な痛みを伴うこともあり、患者はその痛みにも対応しなければなりません。迫りくる死への恐怖にも立ち向かわねばならず、精神的なケアも必要になってきます。

癌治療中はどうしても体重が減る傾向にあります。食べるという行為に痛みを伴ったり、精神的に落ち込んで食欲がなくなっているせいでもあります。しかし、十分な栄養を取らないと、体本来の回復力も低下してしまうので、やはり食事はきちんととるようにします。一度に多く食べれない場合は、少量ずつを複数回に分けて食べるようにします。また、少しの量でもカロリーや栄養が摂れる食材を選びます。バターやナッツ類がおすすめです。食べるのが痛い人には、固形物よりもドリンクにします。今はいろいろなスムージーがあるので、それを参考にするのもいいでしょう。サプリメントは栄養素を効果的に取る方法ですが、治療薬との相性もあるので必ず医者に確認をとります。頚椎椎間板ヘルニアも治療法によっては、がんと同じように食べることが痛く感じる場合があります。しかし、頚椎椎間板ヘルニアでは、癌治療と比べて摂取できる食品が限られていないので、医者確認しつつ食べたいものを食べると良いでしょう。

Copyright© 2017 気になる頚椎椎間板ヘルニアや癌の症状|治療法をチェック All Rights Reserved.