気になる頚椎椎間板ヘルニアや癌の症状|治療法をチェック

二つの種類

ウーマン

腸閉塞の種類は2種類

腸閉塞(イレウス)の原因は大きく分けて2種類あります。1つは腸自体が狭くなったり腸内部が詰まったりしてなる器質的な腸閉塞。もう1つは腸自体に問題はなく、腸に走る神経系に異常をきたして腸閉塞となる場合です。 1つ目の腸閉塞の場合、閉塞を起こしている原因そのものを除去しなければ治癒は難しいです。原因としては糞便、食物残渣、腹膜炎による腸の癒着、腸のねじれによる閉塞などです。 二つ目の原因は薬物性や精神状態が起因するもの、腹膜炎による神経障害などがあります。 日本人の生活習慣の欧米化によって便秘の悪化や動物性脂肪の摂取量が増えてきました。その結果腸内環境の悪化を招いているため、今後の腸閉塞は増加の可能性があります。また、生活習慣病の一つとも言われている高脂血症は初期症状が体に現れてくるので、異変を感じた時点で早急に病院での診療を受けましょう。高脂血症は男女共に発症者が増えていると言われています。

日常生活で予防をしていこう

では普段からどのような点に注意すれば腸閉塞の症状は予防できるのでしょうか。腸閉塞は上記にあげた2つの原因が主になってきます。この点を踏まえて、私達が気をつけなくてはいけない点をあげます。 1つ目は消化に良いものを良く噛んで食べるということです。腸閉塞の原因に食物残渣がありますが、良くかまず消化に悪いものを食べると、食物がしっかりと消化されないまま腸にいきます。腸はそんなに広い臓器ではないので簡単に詰まってしまいます。 2つ目は便秘にならないことです。便秘の予防のためには水を多めにとること、腸をよく動かすことです。腸を動かすためには、毎日決まった時間にご飯を食べ、適度な運動が必要です。日常的にあまりストレスをためないように生活することも大切です。 最後に、どうしても長引く腹痛や我慢できないほどの激痛がお腹にある場合はすぐに近医の受診をしましょう。早めの治療は病気の治癒を早めます。

Copyright© 2017 気になる頚椎椎間板ヘルニアや癌の症状|治療法をチェック All Rights Reserved.