気になる頚椎椎間板ヘルニアや癌の症状|治療法をチェック

頼りになる第三の治療法

救急車とハートと聴診器

日本における癌治療の3本柱は、手術、化学療法、そして放射線治療です。手術が第一選択となることの多い日本ですが、実は放射線治療には様々な利用法があるのです。放射線治療とは、放射線を照射することで癌細胞を破壊する治療法です。単体としても治療に使われますが、手術や化学療法と組み合わせることでさらに効果を発揮します。放射線治療の特徴は、臓器をそのままにしながら、その機能を回復することができる、という点です。ですから、癌を退治するという目的だけではなく、癌の痛みや他の臓器への負担を取り除くためにも利用されますし、再発を防ぐ目的で利用されることもあるのです。このように、幅広い利用が可能な放射線治療、これからもその利用法の開発が期待されるところでしょう。

癌治療の第三の柱である放射線治療ですが、他の治療法と比べて、どのようなメリットがあるのでしょうか。癌治療のイメージとして、「辛い、苦しい」というイメージを持たれている方も多いことでしょう。手術は身体に大きな負担がかかりますし、化学療法も副作用に悩まされる方が多くいます。しかしながら、この放射線治療に関しては、治療自体は非常に楽に受けることができます。苦痛を強いられたりすることはありませんし、時間も10分程と短時間で終わります。ですから、放射線治療は他の治療法とは異なり、たいていの場合は通院治療で済みます。仕事や家事などをこなしながら、治療を受けることが可能なのです。日常の生活サイクルを壊すことなく、治療を受けることができる、癌患者さんにとっては何より嬉しいことではないでしょうか。治療も大切だが、生活も大切、そんな思いをかなえてくれるのが、放射線治療なのです。

癌には放射線治療が使われることが一般的ですが、頚椎椎間板ヘルニアの場合にはPLDDと呼ばれるレーザー治療が用いられます。頚椎椎間板ヘルニアは治療時間がかかるイメージがありますが、PLDDを受ければ日帰りで治療が可能と話題になっています。

Copyright© 2017 気になる頚椎椎間板ヘルニアや癌の症状|治療法をチェック All Rights Reserved.