気になる頚椎椎間板ヘルニアや癌の症状|治療法をチェック

ガンの発症

白衣の人

1年間にガンを発症するのは80万人を超えると統計で明らかになっています。年を重ねるごとにガンの発症率は高まりますが、20代や30代でもガンに罹る人が増えています。しかしガンに罹る患者は増加していますが、嬉しいことにガンで死亡する人は減少傾向にあります。その理由として、診断と治療が技術の進歩で早期発見そして早期治療が出来るようになったことがあげられます。まずガンの診断ですが問診をはじめレントゲン、内視鏡、超音波エコー、造影、血液検査など多くの段階を経て行われます。そしてガンが発見された場合は外科(手術)療法、化学(抗がん剤)治療、放射線療法の3つの治療法をガンの種類や進行具合によって行うことになります。

その治療方法とはNK細胞療法という治療方法です。NK細胞療法とはどのような治療方法なのかというと、生まれながらに殺傷機能を備えている免疫細胞の1つのナチュラルキラー(NK)細胞を、ガン患者の血液から採取し最新の培養技術で活性化・増殖させて再び患者の体内に戻すという療法になります。活性化・増殖したNK細胞は体内を幅広く行動し、ガン細胞を見つけてガン細胞だけを攻撃し自滅させます。NK細胞療法は化学(抗がん剤)治療や放射線療法のような副作用がないどころか、化学(抗がん剤)治療や放射線療法でおこる副作用を緩和する効果もあります。NK細胞療法にかかる費用は、1回200000円前後で1クール6回行われます。

進歩した治療技術によって、ガンも治らない病気ではなくなってきています。いずれは、短い治療期間で治せる日々が来るのかもしれません。しかし、ガンの他にも厄介な症状の病気は存在します。それは、高脂血症の症状です。高脂血症の症状にかかってしまったら、動脈硬化や心筋梗塞と言った重症化しやすい病気を引き起こす可能性があります。自覚症状が無い分、いつの間にか発症していることもあるので、定期的に検査を受けるのがおすすめです。

Copyright© 2017 気になる頚椎椎間板ヘルニアや癌の症状|治療法をチェック All Rights Reserved.